VAPEの「ペン型」と「ボックス型」の特徴

VAPEの種類には、細長い形をした「ペン型」と、バッテリー部分が四角くなった「ボックス型」があります。「ペン型」は、アトマイザーとコイル、そしてコイルを入れるベースの部分と、バッテリーという4つの部分からできており、全ての部分が取り外し可能になっています。蒸気の元となる液体であるリキッドは、アトマイザーに入れますが、種類によってはアトマイザーの吸い口側から入れるものと、その逆から入れるものがあります。コイルとバッテリーは定期的な交換が必要となりますが、交換部品を購入する際は、電圧等の規格に注意する必要があります。次に「ボックス型」は、基本的な構造はペン型と同じですが、バッテリー部分が大きく、見た目にも存在感があります。またボックス型は、電圧の変更などが可能なため、煙(蒸気)をより多く出すことができるという特徴があります。

VAPEの良さを知って購入してみましょう

VAPE、聞きたことがあるでしょうか。これは、電子タバコの通称で、新しいスタイルで若者に人気となっています。少量のリキッドを熱くすることで、煙を生成します。一見すると、本物のタバコのように見えますが、実際においては煙を出すのではなく、蒸気を出す仕組みになっています。そのことから、今一番危険と言われる副流煙の心配がなく、側にいる人に迷惑をかけることが、ありません。このVAPEは、タバコ型の吸入器にから希望の味、フルーツとかミント味などの香りが付けられた水蒸気を吸引することになります。普通のタバコでは、臭いが着ているものに付いたり、髪の毛に付き、嫌な臭いを持ち帰ることになりますが、この場合では不快感を催すこともありません。吸う人の健康にも問題がなく、側にいる人においても嫌な気持ちにならない素敵な道具と言えるのでしょう。

電子タバコVAPE 大流行の予感

「VAPE」と呼ばれるものをご存知でしょうか。VAPEとは、「電子タバコ」のことです。VAPORIZERを略してこういわれています。VAPORIZERとは気化器や蒸発器といった意味の言葉です。発祥の地は北米と考えられます。現在、欧米を中心に流行中です。電子タバコは、タバコに似た形状の吸入器を使用します。リキッドといわれる液体をバッテリーで加熱して、その液体を霧のような形状にします。そして、霧のような水蒸気を吸入すれば、タバコを吸っている気分を味わうことが可能となるアイテムです。リキッド内部の液体には、主に食品添加物と香料が使用されています。この電子タバコが欧米を中心に流行しているのは、おしゃれなデザインの吸入器にも大きな理由がありそうです。そして何といっても本物のタバコとは違い、タールや一酸化炭素のような有害物質を発生させないということに魅力を感じるのでしょう。タバコよりも経済的だという話もあります。1日に吸うタバコの本数を減らしたい、できればタバコをやめたいといった理由でも電子タバコが使用されています。こんな良いことずくめの電子タバコですが、デメリットはあるのでしょうか。実のところ、電子タバコについてはその歴史が新しいため、何か害があるとしても、はっきりしていない面があります。しかし、いうまでもなく、極端な回数を使用したり、使い方が誤っていれば、何らかの害があることも考えられます。電子タバコの質、特にリキッドの成分をよく確かめて購入することで、より安全に使用できます。21世紀のタバコの主流になるともいわれている電子タバコのVAPEです。ご使用になる方は、くれぐれも吸い過ぎに注意してください。タバコと比べて健康に良いといわれるおしゃれなアイテムです。使用法を守って楽しみましょう。

Joyetechやaspireを購入可能、デザイン・機能に富んだ様々な電子タバコを選ぶことができます。火器を使用しないので、タバコのようにタールや一酸化炭素も発生しません。 電子タバコ(VAPE)が、禁煙中に感じる口寂しい気持ちを満たしてくれます。 アーティストとのコラボなど海外では禁煙道具ではなく、おしゃれなアイテムとして認知されています。 VAPEをご検討の方はこちら!

Blog Home